食文化と時代背景

福井の食

かつて福井では、雪深い気象条件下で豊かな食生活がなかなか得られなかったため、収穫された食材を上手に活用する工夫が多く見られました。
 また、 曹洞宗の本山である永平寺や浄土真宗の門徒が多く存在するなど、宗教が暮らしの中に浸透し、宗教の関わりが強く見られています。

浄土真宗と報恩講

郷土料理「打豆汁」 報恩講で食される「打豆なます」

福井県は真宗十派のうち4つの本山が存在する真宗王国であり、本願寺派390、大谷派276、そのほか多数派存在し、とくに県北部にその寺院が集中しています。

 浄土真宗の主な仏事としては、報恩講、お講、尼講、その他として御正忌、永代経法要などがあげられます。
 これらの仏事は集まる人数が多く、そこで用意される食事は多人数分を迅速に、安価に作る必要がありました。

報恩講と打豆

とくに大きな仏事である報恩講の開催時期は大豆の収穫期と重なる10〜11月であり、多人数分の打豆(うちまめ)を十分に用意しやすかったという背景もあり、打豆は代表的な報恩講の精進料理の食材として利用されてきました。

 献立と料理法は口頭における伝承であり、例年ほぼ同じ内容となっています。
 打豆を使用した料理としては、みそ汁(打豆汁)が最も多く、次いで酢の物(打豆なます)でありました。

報恩講とは

報恩講は浄土真宗の寺院で年に1回、開祖親鸞聖人の恩徳をしのんで門徒が集まり、説教を聴き、収穫物を持ち寄って食事をとる仏事の一つ。10〜11月に実施されることが多く、料理は50人分程度を作る。

 このように、昔から多人数分を迅速に、安価に作るための食材として各家庭で打豆が使用されてきたという背景と、暮らしに宗教や仏事という行事が密接に結びついていた文化的背景もあいまって、「打豆」が福井県の食文化として根付いていったと考えられます。


打豆

福井の郷土料理「打豆」を文化的・歴史的に調べたデータベースです。

産学連携研究について

仁愛女子短期大学との産学連携で、福井の打豆の由来や文化背景、栄養的特長について、調査していただいています。

データの引用について

参考文献:
日本調理科学会誌vol.38 No.2 197〜203(2005)
「福井県における打ち豆料理の利用について」
資料の掲載については、 写真・文章・データ無断での転載は禁止しております。

ライン